true tears

今週もアニメの感想を書きます。3回生のタウです。

先週、前々から見たいと思っていた「true tears」を見ました。
このアニメは、P.A. Worksの最初の作品として有名です。ストーリーはwikiを参照すると、

絵本作家を目指す高校生「仲上眞一郎」は、両親を亡くし仲上家に引き取られてきた同じ高校に通う「湯浅比呂美」、両親の4人で暮らしている。眞一郎の母は、ある理由から比呂美につらく当たっていた。

ある日、眞一郎は学校の裏庭で、木に登って降りられなくなった少女「石動乃絵」と出会う。彼女は過去に起こったある出来事がきっかけで、涙が流せなくなったのだという。眞一郎は彼女との出会いをきっかけに比呂美、親友「野伏三代吉」、幼馴染「安藤愛子」らとの関係や、自分自身との向き合い方に変化を生じさせていく。彼らはそれぞれに悩み、すべきことを模索し、成長していく。


らしいです。もっと簡単に言うと主人公と三人のヒロインを攻略していくギャルゲー。考察サイトによって様々な解釈が与えられているほど、いろいろな解釈がとれる奥深さのある作品です。
いくつかの考察サイトを見て回りましたが、こちらのサイトに一番納得させられてしまいました。とくにタイトルにもあるティッシュ箱のニワトリに対する読みがヤバい。こちらのサイト、恐らくTTの1話しかみてない段階で描かれたのだろうけど最終話まで見終わった私でさえかなり唸らされてしまい、読み解く上での必要なポイントを分かりやすくまとめてくれていると思います。

やはり一番重要なポイントは、分かりにくさ、いや分からないことでしょう。
眞一郎をはじめ登場人物の行動には、どうしてそうしたのか完全に説明することは難しい、むしろ野暮だと思います。

lainの感想を書いたときにも述べかけましたが、作品としてよく出来ていると感じるとき、大抵その作品のことを完全に説明しきれるものは少ないかと思います。どうしてこのキャラクターはこんな行動をとったんだろう、について100点の回答の存在はつまらないですよね。自分でその回答を考える努力(=作品に向き合う)はないといけないのかと思いますが、文学作品とは分からないことこそ面白いことなのではないかとこのごろ考えさせられます。かくいう私は数学系の学科なのですが。

こういったわかりにくい作品などでおすすめとかあったら教えてもらいたいです。

Adobe After Effects

 今年度、初投稿です。ぼうぎんです。
 去年1年いて、結局何も学んでいないことに気づき、ちょっと何かやろうかなと、2週間くらい前からAEの勉強をし始めました。
 理由はアレです。部室に本があったからです。それだけです。
 まだですね。素材を簡単な平面移動させることしか出来ない雑魚ですが、来年になったらAEに少しだけ触れたことありますっていえるレベルの雑魚にはなりたいですね。言えたからってどんなメリットがあるかも分からないですが。
 とりあえずの目標としては本の内容を一通りやることです。未来の俺へ挫折しないことを祈ります。

武器厳選.....

おはこんばんちわ、ちとせです。
最近ソードアートオンライン・フェイタルバレットのアップデートが来ましたね。
新武器が実装されたので武器厳選をしてました。
とりあえずブレイクスルーの厳選が終わったのですがクソ時間かかりました。
レジェンダリィ20本以上掘ってようやく納得できるのがでてきました...
この後はBoBで厳選作業ですね
BoB意外とむずくないですかね?
安定しないのは自分だけなのだろうか。
そういえば武器厳選といえばモンハンワールドにも似たようなのが実装されたみたいですね
まぁ自分はもう飽きてしまったので手をつけていないのですが
まだやっている皆さんは頑張ってください。
自分は別ゲーで頑張っています
話は変わりますがFGOのほうでもアポクリファコラボが始まりましたね。
聞く限りでは配布のジーク君は宝物庫でサモさんシステムと同じことができるとか、
イベント回りきっておきたいですね。
今回はアマデウスのスキルを10にしてクリ確定にして周回しています。
楽ですね、あれ。
復刻はイリヤコラボとcccコラボを切に願います。
ではこの辺で
良きオタクライフを~

lain

こんにちは。三回生のタウです。

以前から見たかった「serial experiments lain」を一気に見ました。
期待していた通りで、最後までほぼノンストップで見たアニメは久々な気がします。
とてもお気に入りの作品になりました。

かなり有名な作品ですし、内容は一言で語るのは難しいと思いますので、内容にはあまり触れませんが、
自分自身とだったり、存在しているのか分からないものと問答するシーンの多い作品が自分は好きです。

とくに自分が抱いたこの作品の好印象は、セリフとセリフの”間”です。
主人公は内向的な?少女ですので、重要なシーンを除けば、曖昧なニュアンスのセリフが多く、見ているこちら側がじれったくなるような間を空けて話すことが多いです。しかし、最初に述べたように、一気に見てしまうくらいその間も心地よくさえ感じられました。

自分はアニメをあまり見ているほうではないのですが、多くのアニメではセリフが過多になってきているのではないかと思います。
アニメではない現実世界の私たちは、あまり頭の回転がよくないですから、アニメキャラによくあるようにズバズバとものを言ったり、機転のよすぎるツッコミなど、アニメキャラのようによくしゃべることはあまり出来ないものと思います。つい最近のアニメで自分が好きな冴えカノでは、「かかかかかかか霞ヶ丘 詩羽」とか言う人がいますが、こんなセリフを実生活で言うような人はいませんよね。「とぅっとぅるー」はちょっと言ってみたくなりますw。

かなり脱線してしまいましたが、lainは全体的にはセリフが少なく展開ものんびりとしています。しかし物語のスケールはとても大きいし、終盤までどうなるんだろうと引き込まれてしまいました。言葉で説明しすぎないということは、難しいことではありますが、その作品の厚み(国語力無さでなんていうのかわからない)を左右すると思います。

まだまだ書いていたんですが長くなってしまったので区切りのよいこのあたりで日記を区切ります。

初投稿です

こんにちは。今年度から代表になりましたMIXです。
ゆゆ式が原作10周年、アニメ5周年を迎える記念すべき年にこのような名誉にあずかったことを光栄に思います。
とりあえず人数も少ないのでブログは週に1人で回していきたいと思います。

前年度は研連が解体するなど波乱の年でしたが、今年も新団体への加入を検討、知らないうちにTwitterアカウントが凍結されていたなどまたいろいろありそうです。
前年度はあまりアニメを作れていなかったので今年はたくさん作れるといいな~

とりあえず直近のイベントとしてはしりとり動画と動研本がありますが、いずれもコミケに受かった場合頒布すると思いますので皆さん気合をこめて作ってください。

また、これを見てくれているかもしれない新入生の皆さん!動研はいつでも部員募集中です!
メールやツイッターでの質問も大歓迎ですのでぜひ気軽に遊びに来てくださいね。
プロフィール

どうけん

Author:どうけん
東京理科大学 動画研究同好会のブログです。部員のつぶやきとか何かの告知とかいろいろ。

連絡先:tus.douken☆gmail.com
(☆→@)

最新記事
カテゴリ
MIX (7)
air (1)
LC. (3)
為 (9)
aa (2)
RSSリンクの表示
リンク